鼻炎・花粉症に対する手術治療(今シーズンは受付終了しました)

information
更新日:2019年10月03日

アレルギー性鼻炎・花粉症に対する治療法の一つとして、手術治療(下鼻甲介切除術)があります。当院でも「サージトロン」と呼ばれる高周波凝固装置という機器を用いた日帰り手術を行っており、今年も多数の患者さんが治療を受けられました。しかし、今シーズンは手術を終了しました。
秋から冬にかけては空気が乾燥することなどもあり、手術後の鼻づまりがひどくなったり、のどを傷めたりするケースが出てきます。秋の花粉症も出ておりますし、現在は手術は受け付けておりません。また来年の初夏以降に手術を再開したいと存じますので、御了承ください。

このページの先頭へ