乳幼児を連れてこられる保護者の方へ

information
更新日:2021年01月08日

新型コロナウイルス感染症の流行拡大に伴い、当院では必要な感染対策を講じたうえ、患者様のご協力を得て診察を実施しています。

その中でも6歳未満の乳幼児(マスクの正しい着用が難しく、診察時の体動や泣かれることが多く、また訴えの聴取が困難)の診察についてはすべての診療等において新型コロナウイルス感染症を念頭に置いた対策が必要との観点から、さらに対策を講じることにより「乳幼児感染予防策加算」を厚生労働省の定めにより算定することが可能になりました。乳幼児を連れてこられる保護者の方々が安心して通院できるよう、当院でもこの加算を算定することとします。

つきましては、

新型コロナ(COVID-19)ウイルスに特徴的な症状はなく、出現しても訴えとして現れることが期待できないため

*小児の患者さんも手指消毒をお願い致します。(出入り口に強酸性水スプレーを置いています。物品の消毒をしたい方、また必要であれば乳児の方にはアルコールフリーの使い捨てクロスをお渡ししますのでお申し出ください)

*流行状況をふまえ、発熱などがある場合には家庭内、保育所等に感染兆候のある人がいたかどうかを確認させていただきます。

*特に小児が触れる可能性が高い場所には消毒剤等による清拭を頻繫に行います。

なお、ほとんどの乳幼児の患者さんについては自治体からの補助により窓口負担がないため、この加算による自己負担はありません。(県外の方などは除く)

このページの先頭へ